羽生田光一 慣れればいいじゃない発言?国民を逆なでする真意は?

    「ある程度の金額には国民にも慣れていただくことが必要」これは自民党の羽生田光一政調会長がガソリン価格をめぐり発言をした内容です。

    羽生田光一政調会長は先頃、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への関わりを認めましたが、なにかあいまいな発言のままで第2次岸田再改造内閣発足時に政調会長として再任されました。

    SNS上での反応はどんなものなのでしょうか?

    羽生田光一 慣れればいいじゃない発言

    「ある程度の金額には国民にも慣れていただくことが必要」。一般の市民の方々がこれを聞いてどう感じるか?

    ※じゃあ国会議員の皆さんも給与を減らしていただいて
     今の税負担で年収250万の人生に慣れてくださいね^^

    ※日本国民を「愚民ども」くらいに思ってんだろうな。

    ※最低だな!言葉で国民に説明しなければいけない立場の人間がこんなにもストレートに言うか?会話にならんよ!喧嘩売ってるしな!なんもわかってない!この人と国民はどこまでいっても平行線だと思うから政治家辞めてください!

    ※これで終わりか?もう政治家の存在理由が分からない。

    ※日本の状況について責任をまるで感じてないと自白してしまったななどなど(ほんの一部を抜粋)

    羽生田光一 慣れればいいじゃない発言 真意は?

    「ある程度の金額には国民にも慣れていただくことが必要」。流石に、政府として万策尽きたとの発言ではないと思います。

    この発言の前後が詳しくはわからないのですが、昨今の国民の政治不信を加速させてしまうような発言であることにはSNSのコメントを見れば一目瞭然ですよね!

    まとめ

    景気が良くて、給料もウナギにぼりの状態であればまだしも、ほとんどのものが上昇していて、その上昇に所得の上昇が追い付いていないなかでの、困っていない層での発言の影響力は大変重要だと思います。

    難しい政治や政策のことは分かりませんが、せめてマイナスのコメントが出るようなことがないように、、、と思います。

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です